【支援金情報】無観客での映像配信設備等への支援情報・速報一覧

給付金・役立ち情報

文化芸術に対し、無観客での映像配信にかかる経費を支援している都道府県の情報の一部を紹介致します。
中には方針が決定したのみで、未定・対象がライブハウスでなくアーティスト・事業者のものも含まれています。
この他も皆様からの情報提供お待ちしております。

こうした動きが全都道府県で広がれば良いですね。

一日でも早いコロナ収束を切に願っております。

・福岡市 50万円を上限(対象経費の5分の4)

福岡市 文化・エンターテインメント施設への事業継続支援金について

・兵庫県西宮市 30万円を上限

【施設対象】文化芸術施設の活動継続支援事業|西宮市ホームページ

・大阪府 上限70万円

「大阪府文化芸術活動(無観客ライブ配信)支援事業補助金」の対象事業を募集します!
※募集要項等の内容について、一部更新がありましたので、令和2年5月18日(月曜日)14時に訂正の報道提供をしています。  大阪府では、新型コロナウイルス感染症対策のため、営業を休止

・札幌市 団体200万円、個人50万円を上限とし、50件程度の交付

札幌市文化芸術公演配信補助金「さっぽろアートライブ」
札幌市の無観客公演補助事業の説明

・秋田県 1事業当たり最大300万円する方針
※劇団、芸術文化団体、アーティストなど県内の事業者を対象

秋田県、無観客公演の動画配信に補助
秋田県は音楽、舞踊・舞踏、演劇、伝統芸能などの無観客公演の動画配信に補助する。補助金は1事業当たり最大300万円で、5月補正予算に1500万円の費用を計上した。新型コロナウイルスの感染拡大で中止・延

・東京都 公演の動画を無料で配信した場合、200万円を支給する方針

無観客公演の動画を無料配信のアーティストなど支援へ 東京都 | NHKニュース
【NHK】新型コロナウイルスの影響で、活動の場を失ったアーティストやスタッフを支援しようと、東京都は無観客や入場を制限して公演を開…

・佐賀県 50万円程度を上限する方針

ライブ配信の制作費、佐賀県が支援 1回50万円程度
新型コロナウイルスの影響で集客に苦戦するライブハウスなどを支援するため、佐賀県は今夏、公演や映像作品のネット配信の制作費を補助する「ライブス ビヨンド」事業を始める。ライブハウスやミニシアター、オー

・埼玉/所沢市 ミュージシャンにはプロで1組10万円、セミプロで1組2万円を支給/1店当たり30万円支給する方針

埼玉・所沢市、苦境の音楽家支援 ライブハウス助成も
埼玉県所沢市は新型コロナウイルスの感染拡大で苦境のミュージシャンやライブハウスなどへの支援制度を創設する。コロナ対策を盛り込んだ2020年度補正予算の一般会計に事業費を計上した。補正予算総額は約35

・J-LODlive
国内で今後公演を実施し、収録映像を活用して制作した動画を海外に発信する事業対象
2/1以降に予定していた公演を延期・中止した法人に限り、1/2(5,000万円)を助成
(公演の出演料、制作費、会場費、運営費、権利使用料、感染予防対策費・公演の収録映像の一部又は全部を活用した動画の制作費・海外配信費等)

https://www.vipo.or.jp/u/J-LODlive.pdf
スポンサーリンク
給付金・役立ち情報
シェアする
armadillo1986をフォローする
アルマジロ支援コミュニティポータルサイト